治療の流れ

患者さんの不安を取り除き、オーダーメイドのお口のプラン作りをお手伝いします。

私達は、来院者のみなさまのお気持ちやご希望を大切にします。私自身も他の医科を受診するとき、自分の気持ちや希望を医師に十分伝えられないことに気付きました。

来院者のみなさまの率直なお気持ちやご希望をカウンセラーがお聞きすることで、できるだけ治療やその他のサービスに反映させたいと願っています。

私たちは、学問上、正しいからと言って決して押しつけの治療は行いません。

来院者のみなさまがご自分で判断されるのに十分な医学情報を提供させて頂いた上で、皆様のご判断に委ねることにしています。 もちろん自分だったらこうしてもらいたいと言う、最善のご提案もさせて頂きます。

歯科治療に対する不安、怖れ、期間、時期、費用、通院回数など何でも、カウンセラーをはじめ、全てのスタッフにご相談ください。 私たちは、可能な限り、来院者のみなさまにより高いレベルの健康づくりをしていくうえで、快適に、楽しく、ご自分の意志で通院いただけることを心から願っています。

院長の想い

4つの決意

十数年前に良性の腫瘍ができて手術でとる事になりました。結構大掛かりな手術でした。ところが担当の医師と思うように話ができません。 なんということでしょう!人生を左右する人生の分岐点で、自分の意思を十分に伝えることが出来ないのです。

そしてその時解決方法を持たなかった私は、心の中で自分に強く言い聞かせました。医師を信頼してまかせよう!今から考えると、これは諦めでした。 他に手段がなかったからかも知れません。しかしこうする事で、自分の心の中の不安は更に大きくなりました。

入院して日が経つ程に、不安は不信へと繋がり、手術が終わった頃には、その不信はピークとなりました。 私はただじっと耐えるしかありませんでした。 そして私は患者サイドで感じ、考えていることに気づきました。

同じ事を私は患者にしていないだろうか?

答えは「YES」でした。私自身も、患者さんに同じことをしていました。(過去のことで。お許しください。) そこで私は治療するにあたり、次の4つに気を付ける事にしました。

ちゃんと聞こう

ごくごく当たり前のことですが、医療の現場では疎かにされがちです。焦点を病気ではなく、人そのものに向けることから始めようと思いました。

相手の立場で考えよう

なんだか道徳の時間の様ですが、人と人とが関わる場合、最も基本的な事で、最も大切な事だと思っております。

できる限りの情報を提供しよう

医師への依存はそのうち不安から不信へと変わっていくことを私も経験いたしました。もし私が医師と同じ情報を持っていれば、この様な事にはならなかったでしょう。 そこには結果として、依存も諦めも生まれない自立の関係が成り立つと考えるからです。

わかりやすくしよう

伝わりにくい情報では意味がありません。写真や画像を使って、わかりやすく、理解しあうことが、お互いの人間関係上、最も大切だと考えました。

まず、今一番の悩みごと、解決したいことをお伝え下さい。

その時、過去の歯科治療からくる不安などもあれば併せてお話しください。

そして、今回の治療でどこをご自分のゴールと考えられるかについてもお聞きします。

治療計画製作にとても大切な要素だからです。

口腔内検査を行います。

口腔内検査は、視診、触診、レントゲン検査、口腔内写真撮影、歯周病検査からなります。

また、ご希望に応じて、口臭検査も行います。

「レントゲン検査」
「口腔内写真撮影」
「歯周病検査」

主訴への対応。

今回来院のきっかけとなった一番の悩みごとや痛みの解消のための治療を行います。

治療計画のご提案。

初診日に行った検査結果と医師の診断をもとに作成した治療計画を提示させていただきます。 この時、ご自分の健康づくりの目標が達成できるよう医学的な情報を提供します。

そして、患者さまのご希望を十二分に盛り込んだうえで治療計画を作製しますので、 治療期間や通院回数、費用や毎回の治療時間、また、治療に限らずあらゆるご質問にお答えいたします。

オーダーメイドのお口の生涯プランづくりが可能です。

治療開始。

いよいよ治療開始です。

この段階までで、痛みなどの急性症状のある方は、応急処置などが並行して進んでいる場合もあります。

ご希望の順番で治療を進めていきます。また治療中でも、治療計画の変更は可能です。

衛生士や医師にご遠慮なくお話しください。

治療終了。

3ヶ月に一度の歯のお掃除が「生涯ご自分の歯でおいしく食べられる」為に必要であることを、 もう一度ご説明し、定期健診クラブへのご加入をお勧めいたします。

定期メンテナンス。

ご希望に合わせ葉書やメールで次回受診日近くになってきたら、ご予約日時をお知らせいたします。

※ 矢印をクリックしてお進みください。