再生医療

当院では、近頃マスメディアなどで話題となっている、歯周病等で失われた骨の再生治療を積極的に取り入れています。

新しい治療方法

従来の治療方法

従来、進行した歯周病に対しては、破壊された歯周組織を修復するために、歯周外科治療が行われてきました。 しかし一度破壊された歯周組織は完全に元には戻すことはできず、進行した歯周病の治療は困難を極めていました。

結果、治療後の健康な状態は、審美的な状態とは相反するものとなる場合が多かったのです。

新しい治療方法

歯周病等で失われた骨の再生方法として、



などがあげられます。

従来の歯周病治療は、現状を維持するという程度の効果が限界でしたが、この様な再生医療技術の開発により、積極的に歯の寿命を延ばすことが可能となり、 歯槽骨・歯根膜を含めた完全な歯周組織を再生し、歯が強固に支えられた理想的な状態を蘇らせることが出来るようになりました。

当院においても、その新しく画期的な治療法を導入しております。

基本となるのは、既に確立された従来の治療法です。それに世界各国から取り寄せた最新の材料と術式の中から、各症例に適応するものを選択し、併用していきます。

しかし、この再生医療は、一部しか保険での取り扱いが認められていない為、当院では、歯周病の重症度とご予算に応じて、治療方法をご提案させて頂いています。

エムドゲイン

再生治療







エムドゲインとは歯周病予防特効薬です

歯周病が、中程度以上の進行状態になると、歯を支えている骨が広い範囲で溶けてしまいます。そしてそれが更に進むと歯の脱落もしばしば見受けられます。

この歯を失う原因一位の歯周病に、今まで特効薬はありませんでした。しかし、スウェーデン製のエムドゲインは、その溶けてしまった骨をある程度再生してくれます。

当院では2005年よりこのエムドゲイン治療を行っていますが、治療成績は良好で、8mmの歯周ポケットが0.5mmにまで改善された方もいるぐらいです。

この治療は、自費治療で少々高額なことや簡単な手術を伴うことがありますが、痛みを伴わない治療として評判です。

※エムドゲインは、スウェーデンのビオラ社で開発されたブタ歯胚組織使用歯周組織再生用材料です。 主成分はエナメルマトリクスデリバティブ(EMD)と呼ばれる、子供の頃歯が生えてくるのに重要な働きをする蛋白質で、その安全性は立証され世界30カ国以上で臨床応用されています。