口腔外科

一般に、舌・顎(あご)は、歯科の治療領域と思われにくいところですが、うわあご(上顎)、したあご(下顎)、歯肉、口腔粘膜、舌(前方3分の2)、あごの関節(顎関節)までは、歯科の治療領域です。

イメージ画像

イメージ画像




口腔外科医の経験があります。

主に、この範囲の外科処置、たとえば外傷、腫瘍、奇形などを取り扱っているのが口腔外科です。 院長が、口腔外科に在籍していたので、おおまかな診断と簡単な外科処置は、当院で可能です。

しかし、本格的な確定診断と治療が必要と判断された場合は、連携する医療機関に紹介して検査治療してもらいます。

--